通所介護支援

  • HOME
  • 通所介護支援

通所介護支援 (デイサービス)

通所介護とは、

利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送れるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や心身機能の維持回復、さらには家族の介護の負担軽減などを目的として実施されるサービスです。
利用者に通所介護の施設に通っていただき、食事や入浴などの日常生活上の支援や生活機能向上のための機能訓練などを日帰りで提供します。高齢者同士の交流もあり、施設は利用者の自宅から施設までの送迎も行います。 独居高齢者や身体機能の維持向上をしたい高齢者、家族の負担軽減など、幅広い需要のあるサービスです。

初期投資は大きいですが、プログラムや提供時間、設備など、事業所の裁量で設定できるサービス内容の自由度が高く、近年では「リハビリ型デイサービス」や「お泊りデイサービス」など、様々な形態のサービスが登場しています。それゆえ、差別化がしやすく、やり方次第で大きな収益を出すことが可能なサービスです。

デイサービス事業の開業にあたって施設の改築・新築や福祉用具の準備など、初期費用はかかりますが、 利用者の需要が非常に高いサービスです。さらに、軌道に乗れば安定的な収入が見込めます。
また、デイサービス事業は介護保険法で規定される事業にもかかわらず、自由度が比較的高く、プログラムやレクリエーション、施設サービスなどによって個性を出し、他の事業所との差別化を図れるため、他の居宅サービスにはない大きなメリットがあります。

通所介護事業を開業するためには、事業所の所在地となる都道府県に「介護事業者指定申請」を行い、指定介護事業者として許可を受ける必要があります。

通所介護事業の特徴

  • 他事業所との差別化を行いやすい
  • 軌道に乗れば大きな収益が見込める
  • 未経験者でも開業しやすい

通所介護事業者となるためには?

通所介護事業所を立ち上げるためには、法人を設立した上で管轄の都道府県(地域によっては市区町村)に「介護事業者指定申請」を行い、審査を経て指定(許可)を受ける必要があります。

通所介護開業のための要件

通所介護事業として事業を開業するためには、下記の①、②、③の要件を満たす必要があります。
各要件の詳細につきましては、下記からダウンロードできます資料をご参照ください。

①法人を設立していること

(株式会社、合同会社、NPO法人など)

②下記の人員を配置していること

  • 管理者(常勤)・・・1名以上
  • 生活相談員・・・1名以上
  • 介護職員・・・1名以上
  • 看護職員・・・1名以上(定員が10人以下の場合は配置不要)
  • 機能訓練指導員・・・1名以上

※生活相談員および介護職員は、1名の常勤が必要となります。

③事業所に下記の部屋および設備があること

  • 事務室
  • 相談室(パーティションでの区分けも可能)
  • 静養室
  • 機能訓練室(食堂など)

介護事業者指定申請の費用

通所介護事業者指定申請費用

東京都 ¥95,000
神奈川県・埼玉県・千葉県 ¥105,000
書類のみ作成の場合 ¥80,000

+

その他諸費用(所轄庁申請手数料・謄本など取得費用など)

※上記はすべて税別の料金となります。

法人設立や他のサービスとセットでさらにおトクに!

介護事業者指定申請の費用

※お支払いは、お申込み後1週間以内に費用全額と、その他諸費用をお支払いいただきます。
※ご入金後に書類作成などの手続業務を開始いたします。
※交通費・お申込み後のお打合せの出張費用などは、すべて報酬に含まれております。
※当センターの責めに帰すべき事由で指定を受けられなかった場合は、費用を全額返金いたします。

例:埼玉県で合同会社を設立して
通所介護事業所を開業すると?

合同会社設立  
当センター報酬 ¥25,000
法定費用(登録免許税) ¥60,000
通所介護指定申請  
当センター報酬 ¥105,000
謄本取得費用 ¥600
セット割引 ¥-10,000
合計 ¥180,600

※上記はすべて税別の料金となります。